ビル管理会社の仕事内容とは

ビル管理会社やビルメンテナンスとは、その名の通り、ビル内における管理や保守、点検などを行う会社です。大きな商業施設やオフィスビルだけでなく、ホテルや大学なども雇用先になります。ビル内に常駐をして、不備がないよう務めることが仕事内容です。身近なところでは、建物内を巡回し、備品の破損や老朽化などのチェックを行います。蛍光灯などの消耗品の取り換えも担当業務の一つです。他には、ビル内の様々な設備の調整を行います。空調や冷暖房の温度や湿度の調整、エレベーターやエスカレーター、自動ドアの保守、電力計や電圧計など電気まわりの管理や操作などです。不備や故障があった場合のメーカーへの手配なども、大切な業務になります。その為、ボイラーや電気設備関連の資格や知識も必要不可欠です。また、現状の保守・点検だけに留まらず、将来的に大規模修繕を行う場合の、計画や立案などを提案できる力も必要です。

ビル管理会社の仕事に関して

ビル管理会社の仕事に関しては、やはり色々な状況で考えて管理の仕事を行う状況などから、まずはビルでの色々な清掃や問題などを素早く解決したり、また管理会社が中心として、不備のある部分を対応してまた新たな業者にそこを改善してもらうと言った所も、まずはビルの管理としてしっかりと問題点に関する状況を改善していく事となります。ビル管理に関しても、より良い知識の元で色々なそこで生活を送る人たちや、仕事で活用しているビルなどでも、エレベータを活用したりする事から、またエレベータの管理業者なども定期的に委託をしてメンテナンスしてもらうなど、こうしたビルに必要となる機械類のチェックなども、ある程度ビル管理会社の役割として、業者に委託をしながら問題のない対応を心がける必要があります。それぞれに円滑に進めていく事となります。

建物の維持管理はビル管理会社へ

ビル管理会社の業務には一般的にはセキュリティーの仕事が知られています。管理会社の仕事にはビル全体を管理維持して行くと言う役割があり、中でも警備の管理から空調専門、他清掃とあります。この種の業務を全体的に受け持ち建物オーナと契約後、管理会社の中から警備、空調メンテナンス、清掃と配置するわけです。(詳細と大まかな業務内容)につきましては、警備は建物のエントランスの受付に女性を配置したり建物の巡回を男性の警備員が行います、もちろん外部からのお客など入室退室の管理などもやります。時間おきに外回りも巡回します駐車場の管理、異常などを発見したら即対応連絡しなければいけません重要な役割です。空調設備は朝一からボイラーの点検、空調機の点検から始まります、部屋の温度の管理と水道のお湯の温度も管理します。他は建物の故障~トイレの水漏れからビル内の照明器具の管理と業務の範囲は広いですね、修理全般は設備の業務になります。最後に清掃、清掃は建物の中外全般の清掃管理になります。朝から共用部(エントランス玄関、廊下、受付、階段、外回り)を綺麗に掃除をします、専用部(事務所の中、会議室、談話室、トイレ、社長室等)も専用部あたります。こちらを日常で清掃管理していきます。警備、設備、清掃はビル管理会社の仕事になります、この3種は建物を維持管理していく中で最も重要な役割を持っています。