外壁のリフォームは何社かに問い合わせする事です

雨漏りがひどくて、知り合いの工務店に屋根を見て頂きましたが、どうも屋根からではなく外壁にひびが入りそこから雨水等が入って雨漏りしているという事でした。全ての外壁のリフォームをした方が良いと言われ見積りを出してもらいましたが、考えていた金額よりかなりオーバーしていました。外壁専門の塗装会社に問い合わせて見積りを頂きましたが、最初に頂いた工務店よりは、金額が低かったのですが、まだ予算オーバーでした。とりあえず工務店より塗装の専門店の方が金額が安い事が分かり何社か見積りを頂き、あまり安すぎても不安がありましたので、ちょうど中間の見積りの会社に頼む事にしました。リフォームの金額で一番ちがうのは、工賃だそうです。頼んだ会社は家族でやっているのでそこで見積りの差がついたのではと言う事を話されていましたが、再度全てを見直すとおっしゃる通りでした。

家の外壁はリフォーム業者へ

数年に一度や数十年に一度という事で外壁をリフォームします。雨風がそのままあたる場所でもあるし見た目も老化が目立ちます。そのままにしておくと錆びてしまったり劣化は激しくなるばかりになります。リフォームするには業者さんへお願いすることがいい流れです。まずは見積もりをもらいます。無料で見積もりにきてもらえるケースが多いです。出来れば比較が出来るように何件かの業者さんへ見積もり依頼をする方がある程度に金額を把握することが出来ます。その金額が適当な金額であるか見極めも出来ます。もっといいのは一軒家だと家を建ててもらった会社に相談することも良い事です。業者によってはリフォーム後に膨大な価格を請求してくるというケースがあったり見積もりだけでお金を請求したりと悪質なケースも見受けられます。あとは、近所で行った家から教えてもらうケースもあります。

外壁のリフォーム時期の目安

一般的に一軒家の外壁の寿命は10年からが目安となるようです。もちろん環境や塗装方法によってその寿命は数年単位で差はあります。塗装方法は吹き付けとパネルを貼り付けたサイディングという方法がありますが、吹きつけのほうがサイディングより寿命が短い場合が多いようです。吹きつけの場合、見た目でヒビが入ったりしてきたらリフォームを考えたほうがいいかもしれません。サイディングの場合、劣化が分かりにくいですがひび割れや外壁を触ったとき粉状の塗料がつく(チョーク化現象)などの症状が現れるとリフォームを考えましょう。しかし必要とはいえ外壁を直すには大きなお金がかかります。家の大きさや塗装方法にもよって違いますが50万円~150万円程度の費用がかかるようです。リフォームを考える際は数社見積もりを取った上で信頼のおける、一番自分の条件にあった業者にお願いするようにしましょう。